洋楽から英語の勉強 | Queen-Somebody to love

洋画で英語の勉強 洋画で勉強
【Queen】言わずと知れたイギリスが送る世界中で人気のイギリスのロックバンド。
クイーンの曲はクラシックの領域に入る名曲揃いです。フレディー・マーキュリーの高く通る歌声、ハーモニーの美しさは感動です!
フレディーの聴き取りやすい英語とその歌声は、いつの時代も世界中を駆け巡り洋楽からの英語の勉強に最適です。

洋楽から英語の勉強  ~歌詞(和訳付き)

クイーンの5thアルバム「A Day at the Races」(華麗なるレース) に収録されている曲です。1976年11月にアルバムの最初のシングルとしてリリースされています!

 

Can anybody find me somebody to love?

Ooh, each morning I get up I die a little
Can barely stand on my feet
(Take a look at yourself in the mirror and cry)

Take a look in the mirror and cry
Lord what you’re doing to me (Yeah, yeah)

I have spent all my years in believing you
But I just can’t get no relief, Lord

誰か僕に、愛する人を見つけてくれない?
毎朝目覚めるたび、命が削られるんだ
自分の足で立つのもやっとなんだ
(鏡を見つめて、君は泣いてしまう)

鏡を見つめると涙が流れてくる
神様、これはどういうことなんですか?

ずっとずっとあなたを信じてきたのに
僕は一向に救われません、神様

 

Somebody (Somebody)
Ooh, somebody (Somebody)
Can anybody find me somebody to love?
Yeah

誰か(誰か)
あぁ、誰か(誰か)
誰か僕に、愛する人を見つけてくれないか?

 

I work hard (He works hard) every day of my life
I work ‘til I ache my bones
At the end (At the end of the day)
I take home my hard-earned pay all on my own (Goes home, goes home on his own)

I get down (Down) on my knees (Knees)
And I start to pray (Praise the Lord)
‘Til the tears run down from my eyes, Lord

毎日毎日、一生懸命働いて(彼は一生懸命働いて)
骨身を削って働いて
一日が終われば(一日が終わるまで)
苦労して稼いだお金を手にして家に帰り(家に帰り、彼の家に帰り)

ひざまづいて(ひざまづき)
祈りを捧げるんだ(神を称えて)
目から涙がこぼれ落ちるまで、神様

 

Somebody (Somebody)
Ooh, somebody (Please)
Can anybody find me somebody to love?
Oh

誰か(誰か)
あぁ、誰か(誰か)
誰か僕に、愛する人を見つけてくれないか?

 

(He works hard) everyday (Everyday)
I try and I try and I try
But everybody wants to put me down
They say I’m goin’ crazy

They say I got a lot of water in my brain
No, I got no common sense
(He’s got) I got nobody left to believe
No, no, no, no

(彼は一生懸命働く)毎日(毎日)
必死に、必死に、必死に
それなのに、皆が僕をバカにする
僕は頭がおかしいって

僕の脳みそには水が詰まっているって
僕は常識外れなヤツだって。
もう信じられる人は残っていない
いない、いない、いない

 

(Oh, Lord)
Ooh somebody
Ooh (Somebody)
Anybody find me
Somebody to love
(Can anybody find me someone to love)

(神様)
誰か
あぁ(誰か)
誰かが僕に
愛する人を見つけてくれる
(誰か僕に、愛する人を見つけてくれないか?)

 

Got no feel, I got no rhythm
I just keep losing my beat (You just keep losing and losing)

I’m okay, I’m alright (He’s alright, he’s alright)
I ain’t gonna face no defeat (Yeah, yeah)

I just gotta get out of this prison cell
(One day) Someday I’m gonna be free, Lord

何も感じられず、リズムにも乗れず
ただ鼓動が乱れていく(君の鼓動は乱れていく)

大丈夫、僕は平気さ(彼は大丈夫、彼は大丈夫)
くじけたりしないよ

この独房のような生活から抜け出してみせる
いつか、自由になるんだ、神様

 

Find me somebody to love(×10)

Somebody (Somebody)
Somebody (Somebody)
Somebody (Find me)
(Somebody find me somebody to love)
Can anybody find me
Somebody to
Love?

誰を愛したらいいのか、教えてほしい

誰か(誰か)
誰か(誰か)
誰か(僕に)
(愛すべき人を、誰かが僕に教えてくれる)
誰か僕に、
愛する人を
見つけてくれないか?

 

(Find me somebody to love) Ooh
(Find me somebody to love) Find me somebody
(Find me somebody to love) Somebody, somebody, somebody to love
(Find me somebody to love) Find me, find me, find me, find me, find me
(Find me somebody to love) Ooh, somebody to love
(Find me somebody to love) Ooh, find me, find me, find me somebody to love
(Find me somebody to love) Anybody, anywhere, anybody find me somebody to love, love
Find me, find me, find me

(愛すべき人を教えて)あぁ
(愛すべき人を教えて)僕は誰を
(愛すべき人を教えて)誰か、誰か、愛すべき誰かを
(愛すべき人を教えて)教えて、教えて、教えて、僕に教えて
(愛すべき人を教えて)あぁ、愛すべき誰か
(愛すべき人を教えて)教えて、教えて、教えて、愛すべき人を僕に教えて
(愛すべき人を教えて)誰か、どこか、誰か僕に愛する人を見つけて、愛すべき人を
僕に、この僕に、この僕に見つけて

 

洋楽から英語の勉強 | Queen【Somebody to love】youtube動画

そして上記の歌詞を見ながら以下の動画を見てみましょう。そうすると頭に入ってきますよ。

Somebody To Love – Queen (Cover) – Connie Talbot

コニー・タルボット(Connie Talbot)は、知っていますか?

イギリスの歌手で2007年に、イギリスで放映されているタレント発掘の公開オーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」に6歳で出場。天使のような笑顔と歌声の持ち主でとてもかわいい女性です。

綺麗な英語を話すので英語の勉強にはもってこいです。

QueenのSomebody To Loveを学食で歌う!感動ものです。

これはまさに海外と言う感じです。是非聞いてみてください!

キレイな英語で勉強になりますしなにより海外の大学の学食という感じで感動します♪

 

あらためて実感
このメロディの極めた良さ。
作曲フレディ・マーキュリー
まさに天才です

 

自分がこの場にいたら素敵過ぎて泣いてたな
いまでもうるっときたよ

 

俺がクイーンで1番好きな曲
生まれるずーとずーと前に生まれた曲
小学生の頃 年の離れた兄貴の部屋で知ったクイーン
この曲聴くと 涙して落ち着く 唯一無二の曲
辛い時、絶好調の時 いつ聴いても 涙してしまう。
フラッシュモブとか はぁっ?って思ってたけど これは反則です。
感動しました。何度も見に来ます。

 

たった4人であれだけ濃密な歌作り上げてるQUEENはやっぱすごいんやなって

 

GLEE – Somebody To Love (Full Performance) HD

こちらもすごい。。。

 

 

コメント